スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【Sennheiser CX400BT True Wirelessのレビュー】いいワイヤレスイヤホンが欲しい…。コスパ最高のイヤホン。

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2020年9月18日に

Sennheiser(ゼンハイザー)から発売された

Bluetoothタイプ

ワイヤレスイヤホンのCX400BT

 
CX400BTを使用してたので

そのレビューをしていきたいと思います。

ちなみにカラー

ブラック」と「ホワイト」のモデルが

ありますが、僕は「ホワイト」を購入しました。

 

 

  

Sennheiser CX400BTについて 

CX400BTとはSennheiserから

2020年9月18日に発売された

Bluetoothタイプ

ワイヤレスイヤホンになります。

 

ゼンハイザーには

MOMENTUM True Wireless 2という

高級ワイヤレスイヤホンがあるのですが

そのモデルの性能を買いやすくするため

不要そうな箇所をそぎ落として作られたモデルが

CX400BTとなります。(いわゆる廉価版です)

※追記
現在はCX400BTの後継機の
CX True Wirelessが発売されております。
(音質としては同じ7mmドライバーを搭載しているので
 音質の違いは多くはないと思われます)
 

スペック

f:id:suzumichi:20210627153330p:plain

 

Sennheiser CX400BT True Wirelessの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210530181709j:plain
↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20210530181742j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210530181802j:plain


 内容物

CX400BT本体

・充電ケース

・イヤーピース(XS,S,M,Lの4種類)

・USBケーブル(Type C - Type A)

・その他、説明書の類い

  

接続をしてみた

f:id:suzumichi:20210530182023j:plain

↑接続をしたところこんな感じで青く光ります

 

まずは使っているスマホなどで

同期をしてみてください。

充電ができている状態で両耳の

平べったいところを長押しすると

CX 400BT TWという項目があるので

接続してみましょう。

 

1回接続ができたら

2回目以降からケースから出せば

自動接続することもできます。

 

また両イヤホンの平べったいところに

下記動作を行えば、

・左1回タップ:再生・停止

・左2回タップ:戻り

・左ホールド:ボリュームダウン

・右1回タップ:ボイスアサイン

・右2回タップ:次へ

・右ホールド:ボリュームアップ

 イヤホン単体で動かすことができます。


USBの差込口はここにあります。

f:id:suzumichi:20210530183603j:plain

 

Sennheiser Smart Controlを使ってみた

専用アプリをインストールすると

 

下記、写真のように

Bluetoothの接続をして

Sennheiser Smart Controlを開き

イコライザーの設定ができます。 

f:id:suzumichi:20210530204420p:plain

↓イコライザーの設定は2パターンあって

  直観的にできる左側と

  細かく設定ができる右側と

  自分の好みに合わせて設定ができます。

f:id:suzumichi:20210530205603p:plain


  

そして感想-スズミチ切り!-

非常にクリアな音質

細かい音の判別ができました

この価格帯でこの音質はすごいと思います。

高音域での音の判別も綺麗ですし、

低音域の細かい音も聞こえてくる

個人的にはバランスの取れた

ワイヤレスイヤホンだと思いました。

また上記のイコライザーの設定

自分の好みの音質の設定もできるので

ありがたいです。

 

正直ワイヤレスの音質なんてどうせ…

と思っていたのでびっくりです(笑)

もともと僕は「すぐ壊れるから

安いイヤホンでもいいだろ派」

だったんですけどCX400BT買って

考え方が変わりました。

…高いお金出して買ってよかったです。

 

Sennheiserはドイツの

音響機器のメーカーなので

音質面のこだわりがすごいと思います

僕もゲーミングのヘッドセットは

EPOS(Sennheiser)のH3を使っているので

個人的な好みもあるんだと思いますけど

価格面を考えた上

音質に不満を感じたことは今までなかったです。

 

 

少し不満があるなら大きさですね。

今回の音質を得るための構造のため

仕方ないことなのかもしれないですけど。

やはり耳に付けると、

このイヤホンはかなり大きい

イヤーピースのサイズが4種類同封されているので

すっぽりハマって、

極端にズレ落ちることはないけど

やはり付けていて不安になることもあります(笑)

 

またコストのためにそぎ落とした

ノイズキャンセリング、防水機能。

個人的な話ですがポケットにいれっぱなしで

洗濯機で洗ってしまいオシャカになって、

サービスセンターにて修理を1回行ってます(笑) 

こんなことになるのは稀ですが

防水機能!って思いました。

(果たして防水機能でも洗濯機に耐えれるのか…)

  

まとめ 

セールも相まって今回購入した

Sennheiser CX400BT

結果的に僕のワイヤレスイヤホンの価値観を

変えてくれた最高のイヤホンでした。

 

僕みたいに安いので充分と

思っている方がいらっしゃったら

予算と気持ちが乗ったらチェックしてみてください。

結構びっくりしましたよ!

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり!