スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【ROLAND GO:MIXER PRO-Xのレビュー】21年7月31日に発売されたスマホ向けライブ配信機材!旧モデルのGO MIXER PROとの違いや使い方を。

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2021年7月31日

ROLANDから発売されたGO:MIXER PRO-X

 
GO:MIXER PRO-Xを使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

 

 

 

ROLAND GO:MIXER PRO-Xについて 

GO:MIXER PRO-XとはROLANDから

2021年7月31日に発売された

スマホを使ったライブ配信用の機材、

オーディオミキサーになります。

 

Go Mixer Pro Xを使って

マイクや楽器をライン接続して

スマホで綺麗な音質で配信できる機材

音楽以外にもトーク系ライブ配信にも

使用できる優れものです!

f:id:suzumichi:20210911230802j:plain

※引用画像:Roland - GO:MIXER PRO-X | Audio Mixer for Smartphones

 

スペック 

f:id:suzumichi:20210911225813p:plain

 

旧モデルとの違い

旧モデルのGo Mixer Pro

もともと白いモデルが

2018年7月に発売されていましたが

マイナーチェンジとして今回紹介する

GO:MIXER PRO-Xが発売されました。

 

新モデルは入出力のポートが増えたり

ヘッドフォンのボリューム調整ノブが

追加されたりなどしました。

(新モデルはマイクノブが1つにまとまりました)

その他は下記に比較しました。

※赤部分は変化点

f:id:suzumichi:20210911225843p:plain

 

ROLAND GO:MIXER PRO-Xの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210911232719j:plain

↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20210911232741j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210911232820j:plain

内容物

・本体

・Lightning - USB Micro Type Bケーブル

・USB Type-C - USB Micro Type Bケーブル

・3.5mm TRRS オーディオ・ケーブル

・PDFマニュアルの入手方法

・保証書などの書面

 

GO:MIXER PRO-Xを確認

ノブは5つのボリュームノブが付いています。

・INSTRUMENT(L/MONO、R)

・マイク

・ヘッドセットマイク

・ヘッドフォン、スマホ

・ギター、ベース

f:id:suzumichi:20210911233132j:plain

↑見る限り素材はプラスチックです…。

 

↓電池を入れる場所。(単四電池4つ)

f:id:suzumichi:20210911234101p:plain

ボリュームノブ5か所↑

 

↓各サイドの差込口など

f:id:suzumichi:20210911233819p:plain

裏面には滑り止めが6か所あります。

 

MOFT Xを使っていたり、

 太いスマホケースを使っていると

 スマホスペースにうまく置けません。

f:id:suzumichi:20210911234334p:plain

↑右下:ケースを外せば綺麗に置けます

 

重量を調べたら264gでした。(電池込み)

f:id:suzumichi:20210912173852j:plain

 

配信で使ってみた

ライブ配信で使ってみました!

f:id:suzumichi:20210912180004p:plain

 

ギターシールドとマイクを差して、

  スマホをGO:MIXER PRO-Xと接続すれば

  使用ができます

f:id:suzumichi:20210912174426j:plain

 

※↓

通常の音質でも問題なかったのですが

下記のようにギター差込口にDIをかまして

接続をしてみましたが(紫部分)

使用DIが48Vファンタムパワー電源のため

電源が入りません(…当然ですが(笑))

ケーブルを代えてマイク部分に接続をすると

48Vの供給ができるため、音は出ますが

マイクの差込口を別の場所で

考えなきゃいけなくなるので説明書通りに

直で差すのがいいと思います。

※マイクはSHURE SM58↓↓↓↓↓

f:id:suzumichi:20210912174233j:plain

※DI(ダイレクトボックス)とは

ギター、ベース、キーボードなどの楽器を

直接ミキサーやオーディオインターフェイスに

接続するための変換器になります。

(DIはRupert Neve Designs RNDIを使用

 

コンデンサーマイク単四電池4つを差して

バッテリースイッチをONにして、

ファンタムパワーのスイッチを48Vにすれば

問題なく接続できます。↓↓↓↓

f:id:suzumichi:20210912174305j:plain

マイクはAKG C214

 

↓ROLANDの説明書一部です。

f:id:suzumichi:20210912231056p:plain

 

感想-スズミチ切り!- 

 

よかった!

・スマホ単体に比べて音質が格段に上がる

・接続端子が多いので使いやすい

・音楽配信もトーク系配信両方に向いている

色々と配信するにはミキサーだの
オーディオインターフェース、
その他にもマイクなど機材が必要で
音質よく配信するには
結構お金がかかるんですが
コスト的にいえばGO:MIXER PRO-X
マイク、ケーブルでコスパよく
音質がいいものが録れるので
オススメだと思います。
 
以前はスマホのみで
ライブ配信をしたりしていましたが、
今回GO:MIXER PRO-Xにてマイクや
ライン接続をして配信しましたが
各段に音質が上がりました!
…配信した音源を再度聞きましたが
ライブハウスなどで聞こえてくるような
音質で聞こえたので結構いいです!
(使用していたマイクもSM58C214
アコギやケーブルも
それなりにいいものを使っているので
そのあたりも影響していると思いますが)
 
接続端子も多いので
キーボードとギター、マイクの併用
その他にもLINE INの端子があるので
MP3を使ってBGMを流しながら
トークライブ配信などもできるので
音楽以外にも幅広く使えます!
 
少し思うところ

・仕方ないが新モデルのバッテリー駆動時間が…

・分厚いスマホケースを付けていると置けない

・ちゃっちい。落としたりなど強い衝撃に弱い

・説明書がパッと見でわかりにくい。自分で調べて

不満点があるとすると

新モデルは接続端子が増えたりなど

機能が増えて使いやすくなったんですけど

その反面でバッテリー時間がスペック上だと

30分ほど短くなっているのが残念…。

誤差の範囲ではあると思いますが。

 

スマホを置くスペースが親切にあるのですが

MOFT Xなどスマホスタンド、スマホリングや

太いスマホケースを使っていると

スペースが小さく置くことができないので

ケースを外したりしないといけないので

使っている人の使用用途によっては

無意味なものになるかもしれません。

…こういったところを広めに取ったり、

もう少し考慮してもらえると

もっとよかったんですけど…。

 

外観はプラスチック素材になるので

強い衝撃には弱いです。

旧モデルのGO MIXER PROを使用していた

ユーザーの方と話をしましたが

落としたりや強い衝撃が加わると

壊れやすいようで、今回の新モデルの

GO:MIXER PRO-Xも同様の素材のため

壊れる可能性は同様だと思います。

…使用する際は乱暴に扱わないように(笑)

  

説明書がパッと見でわかりにくいです。

個人的にRoland製品の説明書を読んで

スっと読んで理解できないことが多い(笑)

それだけ細かい仕様なんですけど、

サイドボタンなど細かい、知りたい場所が

文章だけでパッと見でわかりにくいので

自分自身で理解する必要があります。

 

まとめ

手軽にスマホ1つから

→マイクなどを接続してワンランク高い

ライブ配信をしたい人にオススメです。

BGMを流せるLINE INもあるため

MP3プレイヤーを接続して

トーク系の配信もできます

もちろん楽器演奏の配信も問題ありません!

 

スマホ1つに比べれば

音質も格段に上がるため興味がある人は

チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり! 

 

 

 

エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ

アコースティックギターなら石橋楽器店!

ムームードメイン

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】