スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【Razer Huntsman Tournament Edition JP(TE)のレビュー】ゲーム向き!反応速度重視の高性能ゲーミングキーボード

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2021年3月12日

Razerから発売された

Huntsman Tournament Edition JP。

(Huntsman TE) 


Huntsman TE JP

リニアオプティカルスイッチ

使用したのでそのレビューを

していきたいと思います。

 

 

 

Razer  Huntsman TEについて 

Huntsman TEとはRazerから

2021年3月12日に発売された

有線接続タイプ

ゲーミングキーボードになります。

 

キースイッチ

RAZER™ オプティカルスイッチというもので

光の接点で作動するタイプのキーボード

一般的なゲーミングキーボードに使われている

メカニカルキーボードと違い

短い距離でキースイッチが反応してくれるので

反応速度が大事になるような

ゲームに合わせて作られた

キーボードとのことです。

 

Huntman TEに関しては

もともと2019年10月31日に

英語配列版のキーボードが

発売されていたのですが

僕が個人的に日本語配列が好きなため

日本語配列版の

今回のレビューするものを購入致しました。

 

スペック 

f:id:suzumichi:20210710145314p:plain

その他はRazerのホームページにて

確認してみてください。

 

Razer Huntsman TEの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210710145918j:plain

↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20210710145941j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210710150011j:plain

 

内容物

・キーボード本体

・ケーブル(USB Type C - Type A)

・ステッカー

・説明書

 

 

左上:取り外し可能なケーブル(メッシュ素材?)

右上:キーボード側はUSB Type C

   PC側はUSB Type A   ↓↓↓

f:id:suzumichi:20210710151209p:plain

 ↑↑↑

左下:RAZER™ リニアオプティカルスイッチ

右下:それを接続した時に光る感じ

 

設置をしてみた

↓設置をしたところこんな感じです。

  キースイッチ表面はザラザラしている感じなので

  押していていい感触です。

(Razer BlackWidow V3と同じ素材かと)

f:id:suzumichi:20210710150352j:plain

↑ケーブル配線は左側固定です。↓

裏面には四つ角に滑り止めが付いてます。

f:id:suzumichi:20210710150757j:plain

高さ調整は3段階あります。

f:id:suzumichi:20210710150905p:plain

↓重量は676gでした。※スズミチ調べ

f:id:suzumichi:20210710152809j:plain

 

Razer Synapseを使ってみた

専用ソフトをインストールすると

キーボードの光り方や、

ボタンカスタマイズなど可能です。

↓光り方をカスタマイズできる。

f:id:suzumichi:20210710152714p:plain

 

↓ボタンカスタマイズ画面

f:id:suzumichi:20210710152729p:plain

↓カスタマイズして自分のカラーを設定できます。

f:id:suzumichi:20210710150307j:plain
 

そして感想-スズミチ切り!- 

使用してみて一番に思ったのは

キースイッチの反応速度やはりすごいです。

僕は、ここ最近メインで使っていたのは

Razer BlackWidow V3 tklになるんですけど

それと比較するとHuntsman TEの方が

ワンテンポ入力が早く押されるので

反応速度が大事になるだろうゲームとの相性が

抜群だといいと思います。

それにUSBケーブルの取り外しもでき

持ち運びに最適なので

機動力としても優秀です。

 

リニアオプティカルスイッチの

押しごごちとしてはメカニカルキーボードを

押しているような感じなので

そんなに違和感なく使用はできると思います。

 

押した時の音としては

同じRAZERのイエローメカニカルスイッチの

リニアタイプと比較すると、

どちらもうるさくはないのですが、

今回のHuntsman TEの方が

若干大きめかなと感じました
 

Razer Synapseを使って

バックライトの明るさ調整した感じは

程よく明るい感じです。

他社製でもっと明るく光るものもあるので

明るさを重視している人は

そちらかと思います(笑)

→CorsairのK65

→HyperXのAlloy Origins Core

上記の方が明るかったです。

 

 

 

使った上で思ったことは

反応速度がいい反面、

日常使いでこういったブログ記事とか

書く際はタイプミスなど

誤入力が結構多くなりました。

慣れていけば

大丈夫なのかもしれないですけど、

日常使いの時は押す時に

結構神経使ってます(笑)

ゲーム主体での使用が前提になる

ゲーミングキーボードかと思いました。

 

あと不満があるとすれば

ケーブルの配線が左側固定だということ。

同価格帯のRazer BlackWidow V3 tklであれば

真ん中から接続して左右に

配線を通すことができるので

結構便利だったのですが、

左側だけだったのでそこは少し残念でした。

コスト的にキースイッチの方に

予算をかけているキーボードだと思うので

僕のわがままだと思いますが(笑)

 

 

まとめ

ゲーマーの人、ぜひお買い求めください(笑)

反応速度がよくて、

この価格帯で購入できるレベルでは

最強のゲーミングキーボードかと思います。
 

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり!