スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【Razer Basilisk Ultimateのレビュー】個人的に最強のワイヤレスゲーミングマウスだと思う。おすすめ。

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2019年12月20日に

Razerから発売されたBasilisk Ultimate。

 

ゲームをやる時に結構ゲーミングマウスを

どれにしようか悩むと思うんだよね。

もちろん皆さんがやるゲームの内容によって

選ぶマウスが変わってくると思うんだけど

僕はしばらくRazer Basilisk Ultimateを

使用してたので

そのレビューをしていきたいと思います。

  

  

 

 

Razer Basilisk Ultimateについて 

f:id:suzumichi:20210506225145j:plain

 

Basilisk UltimateとはRazerから

2019年12月20日に発売された

11ボタンのワイヤレスゲーミングマウスです。

 

ゲームをする時にゲーム内コマンドを

マウスに登録したいなぁと思う時ありませんか?

6ボタンだと足りなくで多すぎても…というと

このマウスはかなりオススメです! 

 

スペック

 

f:id:suzumichi:20210506232231p:plain

 

 

Razer専用充電スタンドについて

f:id:suzumichi:20210506232327j:plain

専用スタンドは別売りで6,480円ほどするので

(2021年4月末現在Amazonページにて)

まとめて買ったほうがお得です!

 

 

マウスの持ち方について

マウスと一口に言っても

大きいもの小さいものとあって

どれを選んだら…と思うはずです。

マウスには一般的には3つ持ち方があります。

簡単に説明と相性のいいタイプを記載します。

①かぶせ持ち(手全体でマウスをかぶせる)

→大きめのマウスと相性がいいです。

 

②つかみ持ち(かぶせ持ちから指を立たせた)

→指の自由度が高いから

   オールラウンドにいける。

 

③つまみ持ち(指先だけでマウス操作をする)

→小さい小回りの利くマウスと相性がいいです。

 

基本的には上記のどれかのタイプになりますので

自分の持ち方に合っているマウスを選択するのが

いいマウスと出会える秘訣です(笑)

ちなみに僕は②になるので

今回のRazer Basilisk Ultimateと相性がいいです。

 

自分なりの感想を述べますが

このあたりも考慮して

みてもらえると嬉しいです。

 

Razer Basilisk Ultimateの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210506232606j:plain

 ↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20210506232654j:plain

 ↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210506232806j:plain


 内容物

・マウス本体

・ワイヤレス受信機

・Razerステッカーと紙

・ケーブル1.8m

(micro USB Type-B - USB Type A)

・Razer専用充電スタンド

※スズミチは充電スタンド付きを購入のため

 単体購入の場合は上記内容と異なるので注意!

 

ボタン数の確認 f:id:suzumichi:20210507224357p:plain

11ボタンありました!

⑩は別途取り付け、取り外しが可能なので

不要であれば外しちゃってください! 

 

設置をしてみた

f:id:suzumichi:20210507210015j:plain

↑設置をしたところこんな感じです。

Razerのロゴがいい感じです。

一緒に購入した充電スタンドも

おしゃれに光ってます。

 

↓ワイヤレス受信機は

充電スタンドをPCに繋いでおけば

スタンドの緑部分に差し込めが使用もできます!

(そのままPCのUSBに受信機を差しても問題ない)

f:id:suzumichi:20210507210220j:plain

 ↓USBの差込口はここにあります。

最初、若干差すのにコツがいりました(笑)

f:id:suzumichi:20210507210646j:plain

 

Razer Synapseを使ってみた

f:id:suzumichi:20210507211646p:plain

Razerの専用ソフトをインストールすると

キーボードの光り方や、

ボタンカスタマイズが割り当てなど可能です。

(他の機器などとも連動できますが

 僕は詳細は調べてみてください)

  

↓CHROMA STUDIO

光り方をカスタマイズできる。

f:id:suzumichi:20210507220705p:plain

 

 ↓ボタンカスタマイズ画面

キーの割り当てができたり感度の変更や

光り方の変更など自分の好みによって

割り当てが可能です。

f:id:suzumichi:20210507215558p:plain

 
↓デフォルト設定だと

後ろのスイッチを押すことによって

自分の登録したプロファイルの変更ができます。

(最大5つ設定可能です)

※自分でボタンの割り当ての変更も可

f:id:suzumichi:20210507220014j:plain

 

↓パフォーマンス画面。

マウス感度やポーリングレートなどの

好みの設定ができる。

f:id:suzumichi:20210507220314p:plain

 

そして感想

手のフィット感がヤバイ(笑)すごく触りやすい

僕は割と荒くマウスを動かすので

どこかにすっ飛ばないよう

ガッチリしたタイプのマウスが好きなので

今回のマウスは扱いやすく

上記で挙げたボタン数や機能面を入れると

最高に使いやすいマウスでした!

 

  

まとめ-スズミチ切り!- 

感想通りいいものです!

他社競合品を見てみると

Logicool G502のワイヤレスマウスなんかが

近いと思うけど G502の方が

Basilisk Ultimateと違い

裏面に割り当てがない分、

ボタン数が多く使える印象があります。

 

スズミチ的はボタン数を持て余してしまうので

今のところBasilisk Ultimateの方が

使いやすいと思ってます。

そしてこのマウスを使う理由としては

充電のしやすさなんですよね。

ワイヤレスマウスで一番の懸念点は

充電をしなくてはいけないこと。

Basilisk Ultimateは専用スタンドに置くだけで

簡単に充電できるので

そこはすごくメリットかと。

G502は1回、1回USBをぶっさして…とか

Logicool G専用のマウスパッドで

ワイヤレス充電をするとかあるけど

このマウスパットは2万円ぐらいするので

楽にコスパよく充電ができると考えると

Basilisk Ultimateの方がいいとは思います。

 

ボタン数を選ぶか、

使えるボタン数は減るが楽さを選ぶか…。

それはみんなの日常使う

用途によるかなと思います。

 

今回Basilisk Ultimateの

レビューをしたことによって

Logicool G502を所有してなかったんですが

興味が湧いたので近々購入して

レビューしてみようかなと思います。

 

Basilisk Ultimateは1年以上使って

不満もなく使っておりますので

間違いなくいいマウスだと思いますよ!

 

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり!