スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【Logicool G G603のレビュー】G HUBにも対応したワイヤレス(無線)ゲーミングマウス。macにも対応している個人的につかみ持ちの人には最高クラスのマウス。

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2017年9月21日

Logicool Gから発売されたG603

G603を使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

 

 

 

ムームードメイン

 

Logicool G G603について 

G603とはLogicool Gから

2017年9月21日に発売された

ワイヤレス(無線)タイプ

ゲーミングマウスになります。

 

シンプル設計でゲームや

普段使いにも向いており

Window、Mac両方に対応しています!

 

またマウスは単三電池2つで駆動しますが

軽量化をしたい場合

電池1つでも駆動することができます

 

マウスの持ち方について

マウスと一口に言っても

大きいもの小さいものとあって

どれを選んだら…と思うはずです。

マウスには一般的には3つ持ち方があります。

簡単に説明と相性のいいタイプを記載します。

①かぶせ持ち(手全体でマウスをかぶせる)

→大きめのマウスと相性がいいです。

 

②つかみ持ち(かぶせ持ちから指を立す)

→指の自由度が高いから

   オールラウンドにいける。

 

③つまみ持ち(指先だけでマウス操作)

→小さい小回りの利く

   マウスと相性がいいです。

 

基本的には上記のどれかの

タイプになりますので

自分の持ち方に合っている

マウスを選択するのが

いいマウスと出会える秘訣です(笑)

 

今回のLogicool G G603

②つかみ持ち、①かぶせ持ちの人に

一番しっくりくる大きさで

持ちやすいマウスだと思います。

 

これから自分なりの感想を述べますが

このあたりも考慮して

みてもらえると嬉しいです。

 

スペック 

f:id:suzumichi:20210829231642p:plain

その他、気になる方はLogicoolのサイトにて。

 

Logicool G G603の開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210829232027j:plain

↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20210829232047j:plain

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210829232107j:plain

内容物

・マウス本体

・電池2つ

・ワイヤレスレシーバー

・ワイヤレス拡張用ケーブル

・説明書

・ステッカー

 

↓ボタン数の確認。6ボタン。

f:id:suzumichi:20210829235852p:plain

↓電池の入れ方は下記の通りです。

f:id:suzumichi:20210829233427p:plain

持ち運び時にはマウスの中

 ワイヤレスレシーバーを収納できます。

 

↓マウス横(左右)と前から(2枚)

f:id:suzumichi:20210829233909p:plain

↓背面。

 滑り止めが上下2か所についてます。

f:id:suzumichi:20210829233956p:plain

HIモード、LOモード切替スイッチ

  2.4GHz or Bluetooth切替ボタンがある。

※Hiモードの時はポーリングレートの設定可

 

重量を測ったところ135gでした。(電池2こ)

電池1つの場合は112gでした。

f:id:suzumichi:20210829232533j:plain

  

設置をしてみた

G603を設置をしたところこんな感じです。

f:id:suzumichi:20210829233304p:plain

僕は②つかみ持ちなんですが

  すごくフィットがよくてオススメです!

f:id:suzumichi:20210829233328j:plain

 

Logicool G HUBを使ってみた

f:id:suzumichi:20210829232207p:plain

専用ソフトをインストールすると

ボタンカスタマイズなど可能です。

光り方はカスタマイズ不可

(ライティングカスタマイズ不可)

 

ボタンカスタマイズ画面

f:id:suzumichi:20210829232253p:plainDPI設定が可能です。

(マウスを動かした時どれくらい動くかの設定)

f:id:suzumichi:20210829232303p:plain

マクロ設定で

  自分の好みの割り当てを設定できます。

f:id:suzumichi:20210829232311p:plain

↓試しに割り当て設定をしているところ。

f:id:suzumichi:20210829232323p:plain
 

感想-スズミチ切り!- 

よかった!

・つかみ持ち、かぶせ持ちに最適なフィット感

・6ボタンあるので基本的な使い方なら問題なし

・サイドボタンが大きくて押しやすい

・マウスホイールが軽快

G603を使ってみて個人的によかったのは

マウスを持った時のフィット感が

ヤバイくらいよかったです!

僕が普段使っているLogicool G G502WL

Razer Basilisk Ultimateと比較になりますが

今回紹介のG603の方が

マウスの高さがあるので手首が地面に

触れている面積が少ないので

大きくマウスを動かしやすい感じでした。

…よかった点にも書きましたが

「つかみ持ち・かぶせ持ち」の人に

向いているマウスだと思います。

また、ボタン数も6つあるので

ゲームや仕事にも基本的なことに

問題なく使用できると思います!

 

その他にもサイドボタンが

大きめに設計されているため

ボタンが押しやすく

マウスホイールは少し抵抗がある感じですが

軽快に動作して使いやすかったです。

 

使ってみた感じ、

どっしり系のマウスが好きな人

オススメかと思います。

個人的にはビジネス向けで

使用したいマウスだと感じました。 

 

少し思うところ

・少し重い、電池を1つにしても…

不満があるとすればやはり重量でしょうか。

電池2つを積んでいるので重さが

135gとなるので使う分には少し重いです。

(どっしり系マウスが好きな人は問題ないと思います(笑))

軽量化のため電池を1つにすることができ

使ってみたんですが感想としては

動かした感じ、片方に重さが乗っている

違和感がありました。

 

電池の持ちを考えても

2つ乗せるのがベターでしょうか。

  

まとめ

G603はゲーミングマウスとなっていますが

その他にもビジネス向けにも

持ちやすさ(つかみ持ちの場合)や

サイドボタン等、扱いやすくなっているので

幅広い人にオススメだと思います。

 

ちなみに上位モデルのG703hも購入したので

それも近々レビューして

比較したいなと思っております。

 

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり! 

 

 

 

 

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

多彩なビールをご自宅で楽しめる【DREAM BEER】