スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【HyperX Alloy Origins Coreのレビュー】コスパのいいメカニカルゲーミングキーボード。専用ソフトでライティングや割り当て設定ができる。

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2019年12月9日に

HyperXから発売されたAlloy Origins Core

 

ゲーミングデバイスを揃える上で

メカニカルキーボードって

結構選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

僕もしばらくHyperX Alloy Origins Core

使用してたので

そのレビューをしていきたいと思います。

  

  

HyperX Alloy Origins Coreについて 

 

Alloy Origins CoreとはHyperXから

2019年12月9日に発売された

メカニカルキーボードになります。

ちなみにHyperXとはキングストン社の

ゲーミング部門の会社になるそうです。

 

Alloy Origins Coreキースイッチには

リニアタイプの赤軸」と

タクタイルタイプのアクア軸」の

2種類がラインナップされております。

Amazon販売などでは

赤軸しかラインナップされていないので

普通に購入するなら赤軸になると思います。

 

ゲーミングキーボードでよくあるのが

今回のようにテンキーレス(なし)のタイプ

ゲームをする際にテンキーがない分

マウスのスペースができて

動かしやすいのが特徴です。

普段使いで使用する時に慣れは必要ですが、

それでも無理なら別売りでテンキーだけ買うのも

対処法になると思いますよ。

 

キースイッチって?

キーボードには、一般的に4種類あります。

①メカニカル  ②メンブレン

③ 静電容量無接点 ④ パンタグラフ

 

その中で今回のAlloy Origins Core

①の分類になるんだけど

一般的に使用されているのはメンブレンタイプで

メンブレンは接点と基板を1枚にまとめ、

スイッチ部分を押すことで入力される。

安価にキーボードが作れるけど、

部分的な修理ができないため、

基本的には修理を前提にしていないキーボード。

 

メカニカルスイッチに違いは内部に接点があり、

接点が触れることで入力される。

 キーボード一つ一つ独立したスイッチのため、

スイッチの交換が可能で、

修理やメンテナンスをすれば

長期間使うことができる。

 

CHERRY MXスイッチ 

CHERRY MX メカニカルスイッチは、

1953年にドイツで創業した、

CHERRY社によって作られている

メカニカルスイッチです。

1983年に開発され、

キーボードのキースイッチとして

長年愛されている歴史と

信頼のあるスイッチです。

様々なキータッチ(触感)の

スイッチが開発され、

それぞれの用途や好みに合わせて

スイッチを選ぶことが可能です。

このキースイッチをもとに各社は

独自のキースイッチを開発しています。

 

キースイッチの種類(基本的なところ)

各社独自に開発をしているので

色で判断するのは危険ですが

CHERRY MXとしてのキースイッチを

下記に記載します。

 

 

f:id:suzumichi:20210505233655p:plain

 

 

 

 

スペック

 f:id:suzumichi:20210510232030p:plain

 

HyperX Alloy Origins Coreの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210505235917j:plain

 ↓ウラ面です。f:id:suzumichi:20210506000006j:plain

  

 ↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210506000105j:plain

 

内容物

・キーボード本体(購入したのは赤軸)

・ケーブル1.8m(USB Type C - Type A)

・説明書と紙 

 

設置をしてみた

f:id:suzumichi:20210506000202j:plain

↑設置をしたところこんな感じです。

 他社の光るゲーミングキーボードと比較すると

 このキーボードはかなり明るく光ると思います!

 

 ↓ケーブルは取り外し可能

 USB Type Cの差込口で

 キーボードの右側に差込口があります。

f:id:suzumichi:20210506001025j:plain

  

 ↓キーボードの角度調整も3段階で可能。

①3°(立てない場合)

②7°(真ん中)

③11°(一番長いもの)

f:id:suzumichi:20210506000923p:plain

 …僕の扱い悪く

 すでにキズがついているのが悲しい(笑)

 

 

HyperX NGENUITYを使ってみた

Hyper Xの専用ソフトをインストールすると

キーボードの光り方や、

キーの割り当てなど可能です。

f:id:suzumichi:20210506000339p:plain

 

↓こんな光り方もできる。

f:id:suzumichi:20210506000419p:plain

 

 ↓スズミチ仕様。FPSをやる時に設定しています。

f:id:suzumichi:20210506000358p:plain

 ↑右上赤丸箇所で3パターン光り方や

  割り当てなどを設定できる。

  使う時はFNキーを押しながら

  F1、F2、F3を押してみよう。

 

 ↓右上赤丸箇所。

 明るさの調整をしたり、

 ゲームモードでキーをロックすることもできる。

f:id:suzumichi:20210506000455p:plain

↑ちなみに設定したゲームモードは

  FNキーを押しながらF12を押せば

  ON、OFFができます。

  明るさもFNキーを押しながら

  カーソルキーの上下で明るさ調整も可能。

 

 ↓FNキー以外のキーで、割り当てなどが可能。

  ちなみに僕はタイピングが荒いので

   INSボタンを無効にしてます(笑)

f:id:suzumichi:20210506000513p:plain

 

そして感想

押した感触が凄くいい。

割と深夜の作業でも静かに打てるかと

そして非常にタイピングがしやすいですよ。

僕はゲームもブログなどPC作業もあるのですが

どちらでもバランスよく使うことができて

ミスタイプすることは少ないです。

あとは外観ですかね。

フルアルミボディなんで高級感や品質は

この価格帯では一番いいです。

 

僕はキーボード高さ調整を

7°で使っているんだけど

別売りで購入したパームレストで

ちょうどいい高さに自分で調整してます。

まぁキーボードの高さは好みによるので

自分に合った高さを使用してみてください。

  

まとめ-スズミチ切り!- 

使い心地や品質等最高です。

コスパもいいし、よく光りますし(笑)

それにコンパクトで高性能なものとして

FNキーで割り当てをしたりして

省スペース化ができているので大満足です。

 

欲を言うんであれば上でも書いたんだけど

パームレストは別売りなので

安いやつでも付属してくれると嬉しい。

フルアルミボディもコストが

ここにきているのかと思う。

(品質を下げることになってほしくないので

 この価格帯といえば文句はないのだが)

 

付属品コスパだけで言うと

CORSAIR K65だとパームレストも

交換用のキーキャップも付属しているのだが

キーボード裏はプラスチックなんで

安さを感じるので

キーボード本体の品質を取るか…

付属品のお得感を取るか…

とかになると思う。

 

しばらく僕も使用してきた中で

今は不満という不満はないので

もしこの後なにかあれば

追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり!

 

 

 

 

タニタオンラインショップ