スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【ASUS ROG Keris Wirelessのレビュー】持ちやすさに特化した、左右非対称右利き用のワイヤレスタイプのゲーミングマス

 

スズミチです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は2021年3月5日に
ASUSから発売されたROG Keris Wireless

 
ROG Keris Wirelessを使用したので

そのレビューをしていきたいと思います。

 

 

  

ASUS ROG Keris Wirelessについて 

ROG Keris WirelessとはASUSから

2021年3月5日に発売された

ワイヤレスタイプ

ゲーミングマウスになります。

ワイヤレスマウスではありますが

有線ケーブルを使って

有線接続も可能です。

(有線ケーブルを使って充電する)

 

タイトルにも記載しましたが

右手にフィットするように

持ちやすさに特化した左右非対称

ゲーミングマウスです。

ASUSとEスポーツのプロゲーマーたちが

4ヶ月以上、20回以上の実験を行い、

の最も快適なハンドシェイプを定義し、

洗練されたものにしたそうです。

マウスはかなり軽量なので

扱いやすいと思います。

 

スペック

f:id:suzumichi:20210621224118p:plain

 

 

マウスの持ち方について

マウスと一口に言っても

大きいもの小さいものとあって

どれを選んだら…と思うはずです。

マウスには一般的には3つ持ち方があります。

簡単に説明と相性のいいタイプを記載します。

①かぶせ持ち(手全体でマウスをかぶせる)

→大きめのマウスと相性がいいです。

 

②つかみ持ち(かぶせ持ちから指を立す)

→指の自由度が高いから

   オールラウンドにいける。

 

③つまみ持ち(指先だけでマウス操作)

→小さい小回りの利く

   マウスと相性がいいです。

 

基本的には上記のどれかの

タイプになりますので

自分の持ち方に合っている

マウスを選択するのが

いいマウスと出会える秘訣です(笑)

 

今回のASUS ROG Keris Wirelessは

①かぶせ持ち②つかみ持ちの

あたりになるかなと思います。

軽量で小柄な形状でもあるので

③つまみ持ちでも対応可能だと思うので

幅広いタイプに対応している

マウスだと思います。

 

これから自分なりの感想を述べますが

このあたりも考慮して

みてもらえると嬉しいです。

 

ASUS ROG Keris Wirelessの開封と外観 

↓外観です。

f:id:suzumichi:20210621225806j:plain


↓ウラ面です。  

f:id:suzumichi:20210621225814j:plain

 

↓中身はこんな感じです。 

f:id:suzumichi:20210621225817j:plain

内容物

・マウス本体

・ワイヤレス受信機

・USB(Type C-Type A) 充電&接続時

・サイドボタンのラバー(全3色)

・滑り止めステッカー4つ

・ロゴステッカー

・説明書

・クリックボタンの交換スイッチ

付属品は黒い静音スイッチが入っています。

…既に交換してしまって

  入れ替えるのが面倒なので(笑)

  上記写真は最初に本体に入っていた

  赤スイッチの写真を撮っています。

 

ボタン数

f:id:suzumichi:20210621231234p:plain

5ボタン(7ボタン)と

  背面にDPI切り替えボタンとPAIRボタン、

  無線方式切り替えスイッチがあります

 

その他

サイドボタンを好みの色に付け替えられる。
↓(写真 左上、右上)

f:id:suzumichi:20210621232204p:plain

↑左下:滑り止めシールを付けれる。

↑右下:ワイヤレス受信機の収納場所。

 

↑中下:

既に交換してしまった赤スイッチの写真。

 

①背面のゴム製カバーを外しネジを回して分解

②中を開けて

③クリックのスイッチを交換可能。

④ちなみに黒い方が静音性に優れているので

 僕は黒い方に付け替えました。

↓↓ 

f:id:suzumichi:20210622210413p:plain

 

 

設置をしてみた

f:id:suzumichi:20210621231429j:plain

↑設置をしたところこんな感じです。

 結構鮮やかに光る印象でした。


↓USB絡み 

f:id:suzumichi:20210621234554p:plain


 

Armoury Crateを使ってみた


専用ソフトをインストールすると

キーボードの光り方や、

ボタンカスタマイズなど可能です。

  

↓光り方をカスタマイズできる。

f:id:suzumichi:20210621235042p:plain

 

↓ボタンカスタマイズ画面

f:id:suzumichi:20210621235058p:plain


左上:DPIやポーリングレート、応答速度設定

右上:キャリブレーション設定

f:id:suzumichi:20210621235515p:plain

左下:LEDライトの設定

(AURA Creatorを追加ダウンロードで

 オリジナルエフェクトの設定可)

右下:電源設定(スリープモードなどの)

 

そして感想-スズミチ切り!- 

しばらく使ってみて感じました、 

持ちやすさに特化をしているので

個人的に持った感じ、

気持ち悪いくらい手にフィットします。

軽量マウスなので、動かしやすさ、

押しやすさは抜群

ゲームに使用する時、日常で使う時も

スムーズに使えると思います!

 

クリックの音は初期の赤スイッチ

カチカチクリッキーな感じですが

黒スイッチに交換すると

静音性はかなり高いと思います。

 

あと光る色合いがいいです。鮮やかです。

色が変わっていくのが

自然に切り替わるような感じなので

見ていて気持ちよかったです。

 

 

ここからは個人的に思うことですが

上記に記載があるように

黒スイッチに変えて

静音性を上げたのですが

逆にサイドボタン2つは

交換スイッチが付属されてないので

押した時、音が大きいままなので

落差が大きくて違和感が

めちゃめちゃあります。

…サイドボタンの付属品付けるか、

付けないならクリックの

スイッチなくても…とも思いました。

 

他には個人的にRazerのBasilisk Ultimateとか

Logicool G G502とかメインで使っているので

その形状が慣れているので

持った感じすごく握りやすくて

逆に違和感を少し感じてしまいました(笑)

それだけ持ちやすいように設計されたので

いい意味での個人的悪い意見かと思います。

 

しばらく使っていて思ったのですが

個人的感覚として左右非対称なので

重心が少し中心からズレているような感じ。

若干最初動かすに少し違和感がありました。

…これも慣れかと思いますが(笑)

 

まとめ

とくかく手になじみすぎて

いい意味でも悪い意味でも

気持ち悪い(笑)マウスでした!

 

手にフィットした扱いやすいマウスが

欲しいなと思ったら

このマウスはいかがでしょうか。
 

また、なにかあれば追記したいなと思います。

ひとまずレビュー終わり!