スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【チケット・トゥ・ライド ヨーロッパのレビュー】世界ベストセラーボードゲーム。各地を路線で結びヨーロッパを繋げ

どうもスズミチです。

今回はチケット・トゥ・ライドという

デザイナー、アラン・ムーンさんの

ボードゲームを作品を紹介します!  

 

■作品名:チケット・トゥ・ライド

■発売年:2010年(本家の発売は2005年)

■発売メーカー:ホビージャパン

■メディア: おもちゃ&ホビー

■対象年齢:13歳以上

(それより小さい年齢でも可)

■人数:2~5人

■所要時間:30分~60分ぐらい
 

もともとはチケット・トゥ・ライドという

アメリカが舞台の同名のゲームが

2004年に発売されその後、シリーズ化や

拡張版も色々と発売されております!

  

ではでは紹介していきましょう! 

 

 

 

 

   

手短にストーリーを

山から港、ホコリだらけの露地、

吹きさらしの駅まで、

20世紀初頭のヨーロッパの大都市を

鉄道などで繋げて繁栄を目指すゲーム。

f:id:suzumichi:20210704011651j:plain

 

どんなゲーム?

f:id:suzumichi:20210704011802j:plain

最初に引いた「行先チケット」をもとに

書かれた地を繋ぐために

様々な種類の列車カードを集めて使って

限られた線路を早く取り

ヨーロッパ中の都市間に線路を引く。

線路以外にも駅を建設したり、

トンネルを抜けたり、フェリーに乗ったりして

ゲームを進めて得点を多く稼ぐゲームです。

f:id:suzumichi:20210704011827j:plain

 

ざっくりルール

45個の列車コマが

残り2個になるまでゲームは続く。


シャッフルしてランダムに引いた

列車カードをまずは4枚ずつもらい

その後、山札の上から

5枚のカードを表向きにして、

山札の隣に並べる。

同様に行先チケットを3枚ずつ、

長距離行先チケットを1枚もらう。

その行先チケットに書かれている都市間を

繋げなければいけない区間になり

行先チケットに書かれている2つの都市を

繋ぐ事が出来れば

チケットに書かれている数字を

最後の得点計算でゲットできるが

失敗すればその数字がマイナス得点になる。

※繋ぎ方は最短で結ぶ必要はない。

 

マイナス得点のリスクがあるため

ゲーム開始前に行先チケットを

最低2枚以上チケットを残せば

捨てることができるので

リスクが高いものは捨ててしまって

マイナスのリスクを除外することも可能。


順番は旅行経験が多い人とか

最近ヨーロッパ行った人からとかありますが

そこは周りの空気を読んで

みんなで順番を決めてください(笑)

f:id:suzumichi:20210704011950j:plain

 

アクション

手番の人は下記の4つのアクションから

1つを必ず実行する。

 

①列車カードを引く。

表向きに置いてある5枚もしくは

山札の列車カードの一番上から

合わせて2枚手札に加えます。

※山札1枚、表向きと山札1枚ずつも可

※1枚目に表向きのカードを取った場合は、

 2枚目を選ぶ前に山札から補充して

 常に表向きのカードを5枚にする。

 

ただし表向きのカードの中から

全ての色に使えるSLカード(レインボー)を

手札に加えたい場合は1枚しか取れない。

※山札から引いたSLカードは

   1枚のルールは適用されない。

また表向きカードの5枚のうち、

SLカードが3枚以上になった場合、

その5枚を全て捨てて、

新たに5枚を補充しなくてはいけない。


②都市と都市を列車コマでつなぐ

地図上の都市と都市の間にある

同じ色で、同じマスの数の

列車カードを出し

列車コマで繋げることができる。


③行先チケットのカードを引く。

行先チケットの山札の上から3枚引き、

その中の1枚以上を必ず手札に加える。

 

④駅を建てる。

駅が建っていない都市に

駅1つを建てることができる。

いずれかの列車カードを1枚出して

自分の駅コマをその都市へ置く。

2つ目は同じ色の列車カード2枚

3つ目は同じ色の列車カード3枚

駅を建てると得点になる。

 

その他にも、

チケットトゥライドヨーロッパには

トンネルやフェリーが追加され

出し方にクセがある場所があります。

f:id:suzumichi:20210704011849j:plain

 

勝敗条件…

得点計算をして一番得点が多かった人が勝ち。

得点計算はボード周りに得点が書いてあるので

スコアマーカー(丸いコマ)を使って

動かして加点、減点を行うと楽。
 

スズミチの感想

軽い心理戦のゲームでもあります。

 

行先チケットは誰がどこを繋げたいかが

わからないので自分が繋げていく中で

他の相手がどこを繋げたいのか動きを読んで、

先回りしたり、妨害したりします(笑)

…線路の数も限られていますので。

そんなこともあるので

あえて違うところに置いてみたりして

かく乱したり…心理戦ですね(笑)

 

列車カードや行先カードという

ランダム要素もあるので

何度やっても楽しめますよ!

 

相手プレイヤーと

同じラインに交わってくるあたり

ハラハラして楽しかったです!

 

ルール読み込み難易度★★☆☆☆

5分、10分もあれば覚えられるぐらい

ルールは簡単なので

色々な人と楽しく遊べるゲームだと思います。

 

チケット・トゥ・ライド シリーズと拡張版

タイトルにもあるように

世界でベストセラーゲームなので

様々なシリーズや拡張が出ております。

またまたスズミチ式のざっくり紹介をします。

※国内版がなかったり現在販売してないのは

 海外版のリンクを貼っておきます。

チケットトゥライド シリーズ

※今回紹介のヨーロッパは2作目です。

チケット・トゥ・ライド(アメリカ)

アメリカ全土のマップ遊べるゲーム。

 

 

チケット・トゥ・ライド メルクリン(ドイツ)

ドイツのマップです。

 

 
チケット・トゥ・ライド (北欧)

スカンディナビア半島を中心に

スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、

フィンランドの4カ国のマップ。

マップが狭めだと思います。

 

 

チケット・トゥ・ライド  ドイツ

またまたドイツです。 

 

 

チケット・トゥ・ライド  レイル&セイル

世界地図を舞台にした「レイル」版と

アメリカ五大湖を舞台にした「セイル」版の

2つのマップが両面印刷されている。

 

 

チケット・トゥ・ライド拡張版

上記のシリーズのものを持っていると遊べます。

※列車コマや得点マーカー付属していない

※列車カードも服属していない

 

 

 

 

最後に

商品の説明にも書いてあるように

友達、家族、ゲーム愛好者まで幅広く

簡単に奥深く遊べるゲームです!

重ゲーサイズですが、

内容は軽いゲームなので

気軽に遊んでみてはいかがでしょうか。

 

ではでは!

 

 

www.suzumichi-blog.com

 

www.suzumichi-blog.com

 

www.suzumichi-blog.com

 

www.suzumichi-blog.com