スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【スコットランドヤード東京のレビュー】おすすめボードゲーム・1対複数の変則バトルで追い詰めろ!

どうもスズミチです。

今回はスコットランドヤード東京という

ボードゲームを紹介しますよ!  

 

もともとはスコットランドヤードという

ボードゲームが

ドイツ・ラベンスバーガー社にて

開発、発売されていたのですが

2014年にこのスコットランドヤード

東京版が発売されました。

 

■作品名:スコットランドヤード東京
■発売年:2014年6月28日
■発売メーカー:株式会社カワダ
■メディア: おもちゃ&ホビー
■対象年齢:8歳以上
■人数:3人~6人
■所要時間:45分~60分前後
   

ではでは紹介していきましょう!

 

 

  

手短にストーリーを

怪盗Mr.Xがロンドン市内に

潜伏し逃走する中、

ロンドン警視庁(スコットランドヤード)の

刑事たちがあらゆる交通機関を利用して

怪盗Mr.Xを捕まえるか、

怪盗Mr.Xが逃げ切れるか…。

そんな両者の心理戦が始まった…。

 

どんなゲーム?

マップに書かれた場所でひたすら

怪盗Mr.Xは逃げ回り

警察側は24ターン以内に怪盗Mr.Xの場所を

特定して捕まえる。

警察側は当然、味方同士となるため

話合いをしながら自分の移動したい場所や

味方の移動先などを決めて

怪盗Mr.Xを追い詰める。

 

f:id:suzumichi:20210523175839j:plain

ざっくりルール

まずは両者スタート位置を決める。

 

↓警察側(D)、怪盗側(X)は

 それぞれ引いて 数字の書かれた位置が

 スタート地点になる。

f:id:suzumichi:20210523202716p:plain

 

警察側

指定の交通チケットを

毎ターン必ず使用をして移動をする。

・電車:4枚(赤)

・バス:8枚(青)

・タクシー:11枚(黄)

f:id:suzumichi:20210523175918j:plain

 

移動できる場所は数字に色付けされており

移動できないマスもある。

 

↓数字のマスに色が書かれている。

  チケットが使用可能。

(黄、青ははマスに、

 赤は数字の箇所が赤くなっている)

f:id:suzumichi:20210523203105j:plain

 

怪盗Mr.X側

移動条件は警察側と同じ。

専用ボードに移動したい数字を書き

移動した交通チケットを数字の上に置き

警察側に公開をする。

交通チケットは警察側と違い

使用枚数の上限はない。

 

しかし逃げている中で

3、8、13,18、24ターン目に

自分のいる場所を

警察に公開しなければいけない。

 

↓専用ボードに数字を書いて

 交通チケットを置く。

f:id:suzumichi:20210523180735j:plain

 

特殊カード

怪盗Mr.Xは下記の特殊カードの使用が可能。

・ブラックチケット

→ブラックカードは移動した

 交通チケットを隠すことができる。

 

・ダブルムーブチケット

→ダブルムーブチケットは

 1ターンに2枚の交通チケットが使える。

 

・その他特殊

→ブラックチケットを使った時に限り

 怪盗Mr.Xは船での移動が可能。

※船移動ができるマスにいる場合。

 

↓丸をした場所は船で移動が可能である。

f:id:suzumichi:20210523181115j:plain

勝利条件…

警察側は24ターン以内に

怪盗Mr.Xのいるマスに止まったら勝利。 

 

怪盗Mr.X側は24ターン逃げ切れば勝利。

 

敗北条件…

勝利条件と逆。 

 

スズミチの感想

スコットランドヤード東京、面白いです。

このゲームの面白くなっていくのは

3ターン目で怪盗Mr.Xの場所が

公開されはじめてからです。

 

そこから警察側は詰将棋のように

逃げ場を塞いでいき追い詰めていったり

時には攻めてみたり…。

 

怪盗Mr.Xも裏をかいたり

ピンチなどの時はブラックカードや

ダブルムーブを使って

捜査網をくぐり抜けたり...

 

ちょうど24ターンで

捕まるか捕まらないかぐらいの

ゲームバランスとなっているため

警察側、怪盗Mr.X、

どちらでプレイしても楽しいですよ!

 

ルール読み込み難易度★★☆☆☆

使用する枚数が多いので一瞬テンパりますが

内容自体はいたってシンプルなので

簡単に楽しんで始められます。

 

最後に

友達、家族と幅広く遊べます。

ノリ一発でざっくり遊べますが、

 

やはり時間を使って

じっくりやる方が面白いかなと思います。

警察側は怪盗Mr.Xを追い詰めるために

みんなでじっくり話し合いをして移動して

怪盗Mr.Xはどうやったら逃げ切れるかを

考えゲームを行い、

 

ゲームが終われば、

あの時どうやって逃げてたのか

話をするのも

このゲームの楽しみの1つ。

僕もかなりオススメのゲームなので

是非、お時間あれば

プレイしてみてください!

 

ではでは!

 

 

 

 

 

 

【アイリスオーヤマ公式オンラインショップ】