スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【パンデミック:新たなる希望のレビュー】こんな時だからこそ、このボードゲームを!世界を救え!派生、拡張もまとめました。

どうもスズミチです。

今回はパンデミック:新たなる希望という

ボードゲームを作品を紹介しますよ!  

■作品名:パンデミック:新たなる希望

■発売年: 2013年7月

■発売メーカー:ホビージャパン

■メディア: おもちゃ&ホビー

■対象年齢:8歳以上

■人数:2-4人

■所要時間:45分前後
  

ではでは紹介していきましょう!

 

 

 

 

 

手短にストーリーを

人類を滅亡させかねない

4つのウイルスが流行した。

その病原体の感染拡大を止めるべく

色々な技術をもった医療研究チームが

世界を飛び回りウイルスを根絶する…。

f:id:suzumichi:20210614230118j:plain

 

どんなゲーム?

協力系のボードゲームです。

ターンごとにカードを引いて

4種類のウイルスが増えていく中で

ウイルスを除去しながら、

治療薬を作ったり、

それぞれが役職カードの能力が違いますが

その能力を駆使して全員で相談しながら

行動を決めウイルスの拡大を

止めるゲームです。

 

f:id:suzumichi:20210614230129j:plain

 

ざっくりルール

f:id:suzumichi:20210614230154j:plain

役職カード7枚のうちどれか1枚を引く。

ルール上ではランダムに引きますが、

うまくできない場合は

お好みで好きな役職を

選んでもいいと思います。

 

ルールブックにしたがって

①病原体コマを配置して、

②プレイヤーカード2枚をもらう。

※エピデミックカードを混ぜる

→このカードを引くと悪いことが起こる

③アトランタで調査基地を作りスタート

 

行動

f:id:suzumichi:20210614232919j:plain

1人につき1ターン4回行動ができる。

 

①移動

(隣接する都市に移動)

(手札のカードを使用してその都市に移動)

(今いる都市と同じカードなら

 使用して好きな場所へ移動)

(調査基地から調査基地へ移動す)

 

 ②病原体を取り除く

→自分のいる都市の病原体コマを

   1つ取り除く。

 

③治療薬を作る

→調査基地にいる状態で同じ色のカードが

   5枚手札にあれば、その色の治療薬を作る。

 

④調査基地を作る

→今いる都市と同じカードが手札にある場合、

   そのカードを使用して

   調査基地を作ることができます。

 

⑤カードの受け渡し

→そのマスの都市カードを

   渡す、もらうことができる。

   ただしその都市に両者がいることが条件。

 

f:id:suzumichi:20210614232947j:plain

 

1人のターンが終わったら

プレイヤーカードを引いて

感染の処理などを行う。

…これを繰り返して治療薬を作る。

 

勝利条件…

4種類の治療薬を

全て作ることができれば勝利。 

 

敗北条件…

以下の3つのうちどれかで敗北。

①プレイヤーカードの山札がなくなった。

②アウトブレイクが8回発生する。

③病原体のコマが置けなくなる。

 

スズミチの感想

上記の行動を自分なりに考え

時には仲間と相談して

どうしたらいいかを決めて行動をする。

このゲームの肝はここですね。

カードドローの

ランダム要素があるので

自分の意見や仲間の意見か

どっちが正解かはわからない。

…そこを予想しながら

行うこのゲームが最高です!

 

勝利条件である、

治療薬を作るのは最もなんですけど

感染は拡大されるわ、

基地を作らなくてはいけないし

仲間と合流してカードを

受け渡さないといけないので

やることが多くて、

毎ターン優先順位が変わります(笑)

感染に気を取られすぎると

何もできないまま

ゲームオーバーになりますし

気を緩めるとエピデミックカードで

被害が拡大するし大変です。

 

ある程度エピデミックカードの枚数で

難易度の調整はできますが

それでも初級レベルは難しい(笑)

  

f:id:suzumichi:20210614233121j:plain 

ルール読み込み難易度★★★☆☆

説明書をしっかり読むとわかるんだけど

やはり、やることが多いので

手順を理解するまでは

ツラいかもしれないです。

ただ理解したら

サクサクできるゲームなので

覚えればルールは簡単です!
 

拡張版

パンデミックは人気のボードゲームなので

拡張版や派生版といったものが

多数でておりますので

スズミチ式のざっくり紹介を下記でします。

 

パンデミック:迫りくる危機

・5人プレイモードの追加

・最高難易度ルール追加

・7つの役割追加

・8枚のイベントカード

・人類を絶体絶命の危機に陥れる

 選択式のチャレンジルールが3つ追加

①病原体の1つが猛毒性の

 病原体に変異する「猛毒株」

②第5の病原体が発見される「変異種発見」

③プレイヤーの1人が人類の敵となって

 世界各地に新種の病原体をばら撒く

「バイオ・テロリスト」

 

★↓輸入版を一応記載します。

 

 

パンデミック:科学の砦

・4つ役割追加

・「猛毒株」効果の追加

・「変異種」チャレンジの新シナリオが追加。

・新たに3つの遊び方を追加

①病原体サンプルを採集し、

 研究所内での治療薬開発に挑む

「研究所チャレンジ」

②CDC(アメリカ疾病管理予防センター)の

 助けを借りながら1人で病原体の

 脅威に挑む「ソロプレイルール」

③2人1組の研究チームを編成し、

 ライバルの研究チームと

 名誉を競う「チーム戦」

※パンデミック:迫りくる危機合わせプレイ可

 

★↓輸入版を一応記載します。

 

 

パンデミック:緊急事態宣言

・5つの役割追加

・7つのイベント追加

パンデミック:新たなる試練

 4種類の新たな遊び方を追加

①検疫:病原体の成長を遅らせることで、

 ゲームの難易度を調節。

②遠隔地チャレンジ:動物から人間へと

 感染する病原体の拡大を阻止せよ!

③緊急事態イベントチャレンジ:

 予期せぬ出来事が発生する中で、

 治療薬を開発しなければならない!

④スーパーバグ・チャレンジ:

 薬剤耐性を持つ病原体に対し、

 ワクチンを開発して根絶せよ!

 

 

★レガシーシリーズ

パンデミック』のシステムがありながら

連続性のあるストーリー

1回しかプレイできないシステムの

レガシーシリーズ。

※パッケージが違うものもあるが内容は同じ。

■パンデミックレガシー シーズン1

■パンデミックレガシー シーズン2

■パンデミックレガシー シーズン0

 

 
 
 
★派生系

■パンデミック:接触感染

 

■パンデミック:完全治療~ザ・キュア~ 

 

■パンデミック:迅速対応

 

■パンデミック:クトゥルフの呼び声 

 
★リミテッド・エディション

■パンデミック:イベリア 

 

■パンデミック:ライジングタイド

(病原体ではない?) 

 

■パンデミック:ローマの落日 

 

最後に

文字通りパンデミックの状況で

みんなで協力して世界を救うゲーム。

ワイワイ話しながら、

楽しんでできるゲームなので

3、4人が集まった時には

ぜひぜひ楽しんでください!

 

 

ではでは!