スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【キョンシーのレビュー】おすすめボードゲーム。何このハラハラ感?立体型、かくれんぼ&鬼ごっこ

どうもスズミチです。


今回はキョンシーという

ボードゲームを紹介しますよ!  

 

■作品名:キョンシー
■発売年:2017年12月6日
■発売メーカー:ホビーベース(Hobby Base)
■メディア: おもちゃ&ホビー
■対象年齢:8歳以上
■人数:2人~5人
■所要時間:20分/1ゲーム

 

もともとは「呪いのミイラ」というタイトルで

2008年頃から販売されていたボードゲームで、

それを香港の会社「栢龍玩具」がリメイクして

それを日本語化して販売したのが

今回紹介するキョンシーになります。

※ちなみに呪いのミイラは現在では入手困難で

 だいぶな価格で市場に出回ったりします(笑)

 

ではでは紹介していきましょう!

 

 
 

 

   

手短にストーリーを

f:id:suzumichi:20210601220446j:plain

何世紀にも渡り人々は

巧妙に隠されていたキョンシーの墓を

探していたところ

ようやく墓を発見することができた。

なぜ探していたかというと

キョンシーは自身の全ての

「富」と共に埋葬されたからだ。

キョンシーはゾンビみたいなもんなので

墓の内部をうろついています。

勇敢なるトレジャーハンターは

見つからないように忍び込み

お宝を盗み出そうとする話。

 

どんなゲーム?

f:id:suzumichi:20210601215740p:plain

1枚のボードを隔てて(↑右の写真)

引いたカードのカラーの宝を取りながら

キョンシーと同じマスに止まらないように、

同じマスに止まられないように、

全ての宝を取れば勝ち。

しかし宝の場所はボードの逆側

リンクをしているので

宝取ると居場所がバレるので

なかなか逃げるのは大変です

 

キョンシー側は規定数、

捕まえれば勝ち

  

ざっくりルール

トレジャーハンター側

f:id:suzumichi:20210601220423j:plain

各色の書かれたカードを1枚ずつ引く。

5種類あるので全部でカードが5枚になる。

 

サイコロを振って、出た中から1つ選んで

キョンシーに使うサイコロを宣言して

マスを移動させることができる。

※いい目じゃなければ振りなおしてもいいが…

1、2、3、4、壁まで直進、キョンシー

上記の6種類。

…キョンシーを出すとそのサイコロは

使えなくなってしまう…。次の人も…。

f:id:suzumichi:20210601220901j:plain

 

「宝のデザイン」+「同じカラー」のものを

取るとこれをゲットしました!

ってキョンシーに申告する。

これを5枚全てくり返す。

f:id:suzumichi:20210601220639j:plain

あかん、リセットや

サイコロがなくなったり

少なくなったらサイコロの数を戻すため

リセットすることができます。

リセットをすればサイコロを5つに戻す。

(1つだけリセットとかはできない)

 

しかし…リセットしたサイコロ分、

リセットを宣言したプレイヤーの前に

キョンシーが動くことになる。

※例:残り1つでリセットした場合

4つのサイコロを返してもらうため

キョンシーは4マス動ける。

 

キョンシー側

青いサイコロを振って

出た目の数だけ進める。

さらにトレジャーハンター側で

キョンシーが出たサイコロの数だけ

移動をプラスすることができる。

 

↓下の写真の場合は2+3=5進める。

f:id:suzumichi:20210601221814j:plain

 

↓キョンシー側。写真のでかいやつを動かす。

  裏面では白いキョンシーの磁石と

  リンクをしていてトレジャーハンター側も

  キョンシーの動きがわかる。

f:id:suzumichi:20210601222437j:plain

f:id:suzumichi:20210618194803j:plain

 

勝利条件…敗北条件…

トレジャーハンター側

 →5枚全ての宝をゲット

  その1人が勝ち!

キョンシー側

 →規定数捕まえる。

トレジャーハンター↓

2人:4回捕まえる

3人:6回捕まえる

4人:7回捕まえる

 

敗北条件はその逆です。 

 

スズミチの感想

色々、ボードゲームをやりますが

立体的ですごく面白いゲームです。

ボードを挟んでお互い動きあい

お宝のゲット移動マス

トレジャーハンター側の居場所がバレて

キョンシー側が予想をして

コマが動くあのドキドキ感

「頼む、曲がんないでくれ…」とか

ハラハラ感はやっていて爽快です。

 

またキョンシー側

どこにいるか予想して

捕まえた瞬間「チュッ」って

磁石がくっつく音がたまらなく気持ちいいです(笑)

一度捕まえたら最後、

スタート地点に戻されるので

捕まえどころが悪ければ

ずっと綱渡り状態が続くこともあります(笑)

 

またボードゲームの箱の下面を

そのままゲームに使えるのも斬新です♪

このムダのなさ、すごいです(笑)

 

ルール読み込み難易度★★☆☆☆

説明書の内容自体は簡単です。

しかしルールも若干ながら多いので

読み込む時間が少し必要。

 
 

最後に

シンプルなゲームにハラハラ感。

また時間も使わずに楽しめる

ボードゲームです。

みんなでワイワイ楽しんでやってみてください!

 

ではでは!

 

 

 

www.suzumichi-blog.com

 

 

www.suzumichi-blog.com