スズミチのぶろぐ。。。

忙しい人へ。できるだけ短くまとめたゲーミングデバイス、ボードゲーム、ゲーム、ガジェット、音楽機材関係などのレビューブログです。好きなものをみんなと共有できたらうれしいです。

スズミチのぶろぐ。。。

【コードネームのレビュー】味方をうまく誘導して勝利へ導け。単純明快なカードゲーム系のボードゲーム

どうもスズミチです。

今回はコードネームという

ボードゲームを紹介しますよ! 

ゲームデザインした

ヴラーダ・フヴァチルの作品です。

 

■作品名:コードネーム
■発売年:2016年2月
■発売メーカー:ホビージャパン
■メディア: おもちゃ&ホビー
■対象年齢:14歳以上
■人数:2人~8人
■所要時間:15分前後
 

ではでは紹介していきましょう!

 

 

 

手短にストーリーを

2つの敵対するスパイ組織がある。

各組織のスパイマスターは

25人のエージェント全員の

正体を知っているのだが

現場諜報員は知らないため

スパイマスターからヒントをもらい

相手の組織よりも先に

味方のエージェント全員と

コンタクトを取らなくてはいけない

しかし25人のエージェントの中には

暗殺者も紛れているため注意が必要。

 

どんなゲーム?

 

f:id:suzumichi:20210711152319j:plain

25枚中、はじめに指定された

カードを取らせるため

各チームの代表(スパイマスター)

ヒントを言ってそのカードを

他チームより早く取るのが目的

25枚の中には相手のカードも入っていたり

ドボンカードがあり、

選んだ瞬間に敗北になるカードもある。

 

コードネームの種類は200枚×両面、

全400種類となっております。

f:id:suzumichi:20210711152240j:plain

 

ざっくりルール

f:id:suzumichi:20210711152344j:plain

スパイマスターは場に置かれたカードの

ヒントを単語1つだけを言うことができる。

ただし直接その単語を言ってはいけない

(日本語名を英語名でいうのもダメ)

ヒントの単語1つで複数のコードネームを

表現することも可能で、例えば

「乗り物(ヒント)・2(2つある)など」と

現場諜報員に知らせることができます。

 

正解をすると自分の組織のカラー

エージェントカードを上に置く

 

ランダムに選んだ各組織の(赤・青)

エージェントの色を取ってもらえるように

ヒントを出す。↓↓↓

f:id:suzumichi:20210711152407j:plain

 

不正解だった場合

もしもスパイマスターが

意図したものではなかった場合。

相手組織の場所を選んだ場合

相手組織のカラーの

エージェントカードをその上に乗せる。

(ざっくりいうと相手の得点)

どちらのカードでなかった場合

一般人カードをその上に乗せる。

暗殺者を選んだ場合

暗殺者カードをその上に乗せ

選んだチームは負けとなる。

 

f:id:suzumichi:20210711154805j:plain

 

勝利条件

先行は9枚、後攻は8枚

先に当てれば勝利となります。

※ゲーム開始時に正解マスの数を

 確認した上で自分の組織のカラーを 

 選択してください。 

敗北条件

①相手が先に指定枚数を当てる

②暗殺者を選んでしまう

 

スズミチの感想

自分で取ってほしいカードを

できるだけ効率よく少ない手数で

当てたいんですけど

狙いすぎると全部外されますし

置きに行き過ぎると

相手組織が早くクリアする可能性もあるので

なかなかその戦略は難しいです。

 

ヒントを出す側というより、

味方、相手のことをうまくリードして動かす

ゲームかなと思います。

コミュニケーション能力や

人を見る目がいい人が

強いゲームですね。。。

 

販売サイトとかにも記載がある通り

勝っても負けても楽しめる

パーティゲームだと思いますので

単純に遊ぶのであれば、

幅広い年代で楽しめるゲームだと思います。

 

 

ただ、真剣勝負になる場合

ある程度の語彙力や要領がよくないと…。

語彙力や要領がいい人は

ヒントを出す方も、取る方も

有利に働くゲームなので

シンプルなゲームのわりに

すごく奥深いゲームだと

やればやるだけ感じました。 

 

f:id:suzumichi:20210711154833j:plain

 

ルール読み込み難易度★☆☆☆☆

とても簡単なので

すぐにみんなで始められます。

 

その他のシリーズ

コードネームはシリーズ化されており

他シリーズも下記に簡単にまとめます。

ルールは概ね一緒です。

コードネーム: デュエット

双方でヒントを出し合うようなスタイル。

2人で結構テンポよく遊べます。

 

 

コードネーム: ピクチャーズ

ピクチャ(絵)のバージョン。

これも楽しいです。

 

 

コードネーム XXL

サイズが大きくなったバージョン

 

 

コードネーム:ディズニーエディション

ディズニーバージョン。

 

 

 

最後に

ゆるくやっても、

ガチでやっても楽しめるゲームです。

シンプルなゲームですけど

このゲームも奥深さをすごく感じました。

とっつきやすいゲームなので

オススメです。

 

ではでは!

 

 

 

www.suzumichi-blog.com

 

www.suzumichi-blog.com

 

www.suzumichi-blog.com

 

www.suzumichi-blog.com